2016年07月28日

肌トラブル スキンケア

湿疹(しっしん)は、皮膚炎(ひふえん)とあまり分類なく用いられる名称である。
どれもハッキリとした原因が不明の皮膚の炎症と云うレベルで使用されている。
おもに外的な刺激に対して皮膚が反応して炎症を起こした為、かゆみが有る。
体の各部分に、ある広がりをもって生じる肌トラブルの総称である。

肌にトラブルのおおくは、発疹である。
そこで、肌のトラブルと云うケースの場合、まず最初は、発疹があるかどうかに着目する。
そして発疹があるケースの場合は、次に発熱があるかどうか、を吟味する。
例を挙げると、発疹が在り、発熱があるケースの場合に怪しまれるのは、子供のケースの場合は、[風疹][はしか][水ぼうそう][猩紅熱(しょうこうねつ)]である。
また、大人のケースの場合は、さほど頻繁じゃないのだが、[サルコイドーシス]や[全身性エリマテトーデス]と云った全身性の疾患が怪しまれるケースの場合が有る。

★ビタミンB2・・・・・・皮膚や爪、髪を健康にキープする働きが有る。
発達促進、動脈硬化、老化、がんの要因となる過酸化脂質の生成を制御する機能をもつすぐれものである。
欠乏すると、広角炎、舌炎、口唇炎、及び脂漏性皮膚炎の原因に成る。
ビタミンB2をおおく包括する食品は、うなぎ、強化米、焼き海苔、レバー、等。
速やかに今夜は、ニラレバ炒め等どうだろう?

治療はドクターと対話して、生活に支障がなく、手間が最小源にすむものを選ぶ。
根気よくつづければ肌トラブルは軽くなり、自然によくなる事も有る。
副腎皮質ホルモン外用薬、光化学療法、ビタミンA誘導体、ビタミンD等が治療法、治療薬として用いれる。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。